ぱすメモ攻略メモリーズ

今だから考えられるサイトの反省点

2020年07月18日 11時37分 (24日前) 記事投稿

ヒトデです。
もうじきぱすメモサービス終了から1年となりますね。

今回は色々考えられるサイトの反省点をまとめます。
どちらかというと皆さん向けではなく自分向けの内容になります。

珍しく真面目な文字ばっかりのガチつまらない記事になりますのでご了承ください。

攻略サイトの反省点

内容が薄い

このサイトは「情報が薄くてもないよりマシ」という理念で作られましたが…
それは自己満足であり、より良い攻略情報を届ける攻略サイトの立場としては大問題だったと思います。

例えばリセマラ解説記事です。
始めたばかりの初心者が、ケモノっ子怜を入手してリセマラすべきか迷っているとしましょう。

「当たりキャラはかばう持ちと全体攻撃持ちとかです!!!!」などとしか書かれていないこのリセマラ記事では、ケモノっ子怜が優秀なのか判断できません。

要するに有益な情報が得られない使えないサイトという評価をされるわけです。
当たり前ですよね。

当たりスナップのランキングを載せたり、各スナップ詳細ページにもっと細かい情報載せるなどすべきでした。

誰でもわかる情報を並べているだけ

最近別のゲームの攻略サイトを開く機会があって感じました。
私のサイトは「それぐらい知ってるわ!!」と言いたくなるような記事ばかりです。

例えばブルマ怜のデータ記事で言うと、書かれているのはステータスやスキル効果などゲーム内で一瞬でわかるデータだけです。

ユーザーが知りたい肝心な情報は、そのステータスやスキルが優秀なのか、使い道はあるのかなどの評価です。

淡々とデータだけを述べる、読み終えると「で?」と言い返したくなる記事ばかり書いていたと思います。
反省しています。

訪問者が求める情報を理解していない

どんな目的で攻略記事が開かれるのか、根本的な理解が浅かったと思います。
ユーザーがどんなことを疑問に思うか、そしてその答えを載せるのが攻略サイトの役目の一つだと思いますが、全然果たせていませんでした。

例えば伝説速度グッズの入手場所と解説の記事です。
多分このページをわざわざ開くユーザーは、速度グッズの仕様などはある程度理解しており、ドロップ場所が知りたくて開いています。

この記事は「長々と仕様解説→ドロップ場所紹介」という流れですが、最初にドロップ場所を紹介してから仕様を解説するほうが、初心者にも中級者以上のユーザーにも優しい記事になったと思います。

そして、 ドロップ場所にメインクエストと曜日クエストの両方を紹介しているのが今思えば最悪です。
「結局どっちを周回すればいいの?」となるに決まっていますね。

もしメインクエストで複数のドロップ場所があったら全部載せて優先順位などの紹介はしなかったと思います。

何を求めているのか、どう感じているのか。
ユーザーが満足できないサイトだったと思います。

一人で作り上げようとしていた

普通、大きなプロジェクトというのは単独ではなく複数で役割を分担したりして作り上げていくと思います。

攻略サイトという大きなものを作り上げるのに、経験も時間も無い私一人が頑張って作るのには限界があったと思います。

よく考えてみれば、Twitterにはぱすメモの協力してくれる仲間がたくさんいました。
EvernoteやGoogleスプレッドシートにサービス終了まで攻略記事やデータをまとめている方もいました。

そういう方々に協力をお願いしたり、誰でも記事を作成したり編集できるWikiサイトを作れば、今頃全然違っていたと思います。

また、記事のコメント機能などがあれば、(荒れそうですが)指摘や意見なども受け付けることができました。

なんでも自分だけで作ろうとせず、人を頼ることも大切だったと思います。

でしゃばる管理人ヒトデ

サイトの管理人はヒトデで、ぱすメモが大好きで、Twitterなどをやっている。
ここまでなら問題ないと思いますが、サイト内にブログを作ったせいで公私混同状態になっていたと思います。

攻略記事とブログ記事を分けたりしていましたが、大部分をブログが占めるせいで「攻略サイトなのかブログサイトなのかハッキリしろ!」という状態になっていました。

攻略ブログではなく、攻略サイトともいえない。
曖昧なサイトになってしまっていたと、反省しています。

ブログサイトと攻略サイトはしっかりと別のサイトとして運営するべきでした。

さらには「使えない攻略サイト」の管理人であると言い張ったり、「忙しい」とか言って全然サイトが更新されなかったり。
正直、攻略サイトの運営者として失格だったと思います。

攻略サイトの目的

攻略サイトというのは…

・「どうすればいいんだ?」の疑問解決
・「こんな方法あったのか!」という新たな発見と効率化

この2つが特に重要だと思います。
多くの細かな情報と多くの上記の反省点が活かされた良質な記事があって初めて優れた攻略サイトになることができると思います。

「情報が薄くてもないよりマシ」という意味不明な理念ではなく、この2つを大きな理念・目標として掲げるべきだったと思います。

まだまだありそうです

あれも反省点、これも反省点、などと考えていましたが、この場ですぐ思い付かなかったことがまだあると思うので、思い出したら追記していこうと思います。

もしぱすメモが復活したら

他のゲームでは、攻略Wikiを謳いながらユーザーが誰でも自由に編集することができないサイトや、大手攻略サイトでありながら私のサイトのような内容が薄いサイトも多くみかけます。

また、ぱすメモがそうであったように、一切更新されていないのに、検索結果で上位に表示されてしまう攻略サイトも多いと思います。


なのでぱすメモが復活したら、このサイトの反省点を活かした攻略サイトを立ち上げたいと考えています。

Twitterでも色々あったので、私の立場ではすでに厳しいかもしれませんが…
またぱすメモで楽しむことができたら、それ以上の理想はありませんね!

≪ 前の記事    ブログ一覧    次の記事 ≫